<北海道サロマ湖産>加熱用・牡蠣剥き身(3D凍結)

¥1,000 ~ ¥5,000 税込
関連カテゴリ
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
オホーツク海とサロマ湖のコラボレーションが生んだ牡蠣。
冷たいオホーツク海の海水と、川から流れる真水が絶妙に混ざり合い、牡蠣にとってこの上ない環境で育ちました。
牡蠣自体は小粒ですがその分味が分散せず、非常に旨味が濃いのが特徴。
真水も混ざった生育環境の為、磯の匂いなどのクセも少なく牡蠣の旨味だけを存分に堪能できます。


そんな最高品質のサロマ湖の牡蠣。

この牡蠣をあくと水産では北海道常呂町にある「マスコスモ合同会社」(http://masscosmo.com/index.html)様より直送にて仕入れています。
マスコスモ合同会社様では「3Dフリーザー」を導入しており、特殊な冷凍を行った「朝獲れ鮮度」の牡蠣をご自宅までお届けします。

「3Dフリーザー」とは、庫内に乱流をおこすことで食品を包み込むように風が当たりムラなく一気に冷凍することができる技術です。
時間にすると通常の冷凍の5分の1の「超」急速冷凍です。

さらに庫内の高湿度化により食材表面の乾燥を防ぐことができ、高い鮮度のまま冷凍することができます。 
解凍する際のドリップ(解凍の際にでる水分)も少なく、旨味や食感を損なわずに解凍することが可能です。
これにより通常の方法で冷凍された食材より遥かに鮮度の高い、まさに「朝獲れ鮮度」状態でご自宅までお届けが可能になっています。

あくと水産では全て剥き身の状態でお届けします。
すぐにお料理にお使いいただけます。

拘り抜いた北海道の逸品をぜひご自宅でお楽しみください。


お召し上がりについて

牡蠣貝はノロウイルスが発生しますと生食で食べられなくなります。
ノロウイルスとはカキの中腸腺に蓄積されたノロウイルスがヒトの
小腸で増殖して引き起こされる急性胃腸炎で普通1日~2日で症状が現れます。
ノロウイルスは85℃以上で1分以上加熱すれば消滅します。
通常の焼き・蒸し・鍋等の加熱調理であれば問題ありませんが充分にご注意ください。



ページトップへ